読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

気づきはチャンス

こんばんは。ニコです。

お仕事の方、お疲れさまでした。

ニコは最近残業が多いです。

色々プロジェクトが動き出して、力不足なこともあるのですが、それ以上に、時間外にしかできない物あれこれに対応しています。


こんな時はムリしない!

最低限ゴミ収集には出す!

元気でいる!(元気じゃないと、本当にダメダメな人間になってしまうので…)


最近少しは整理をしながら、ブログを書いていて気づいたことがふたつあったので書いておくことにします。


ひとつは最近悪習慣が増えていること。それで、自分を困らせて、さらに自己嫌悪になってます。

ご飯を食べても食器を洗わず、洗うのは次に使う時か、シンクが溢れかえったとき。

洗濯物は乾いても室内干し。毎朝そこから取って着てます。私の勝手なイメージだと、一人暮らしを始めたばかりの男子大学生です。今の部屋はロフト付きで、洋服の収納はロフトの上にしました。そして室内(ロフト下)には室内干しのためのポールの様なものが備え付けされてるんです。ズボラな私には室内に吊るしっぱなしになる条件が揃っています。

お風呂は朝。生まれてから今までずーっと夜にお風呂に入って、きれいになってからパジャマを着て布団に入る習慣でしたが、8月頃から、夜ゴロゴロ。突然襲ってくる強烈な眠気に負けて、気がついたら夜中の変な時間に目がさめる。テレビも照明もつけっぱなし。

とりあえず消して、寝直し、朝バタバタとシャワーを浴びてます。あえて朝にしているわけではなく、怠惰な結果、朝になってしまっています。


ふたつ目はステップアップすることが前提だと思っていて、最初の段階でつまづいているからその先に進めなくて、結局何も達成されない。そんな何もできない自分が、自分の好きなことをしたり、好きなものを買ったりするのは、怠けている様に感じていること。

これは最近自覚しただけで、この考え方は昔からしてたように思います。

私は初歩的なことができないんです。

これでもうつ病のときより、よっぽど当たり前のことができる様にはなりましたが。

例えば、使ったものを戻す→定期的に掃除機がかけられる→好きなインテリアにできる→人を呼べる→ホームパーティーができる、というステップで考えてしまう。使ったものをもとに戻さないどころか、かえってどんどん物を増やして、定位置どころか一時的にさえ置ける場所がますますなくなって、以前別の物を置いていたスペースが占領されたり、雪崩がおきたり…と最初につまづき過ぎて、ホームパーティーなんてとてもとても到達しません。

あるいは、家計簿をつける→自分のお金の使い方を気にする→貯金ができる→質の良い物を自分に買える→センスも磨かれるというステップもある。レシート、もらっても溢れかえってごちゃごちゃ。家計簿は半年たってもなかなか状態がきれいなまま。貯まる気配はありませんね。良い物でセンス磨きは、到底叶わぬ夢。

等々、私生活だけでなく、仕事での業務や自己啓発も含めていろいろなことに勝手にステップを組み、初めの段階で挫折してしまうのです。

で、自分はなんてダメなのかとまた落ち込む…。

具体的に計画を立てることを諦めてます。

度々病気の頃の話ですが、うつ病の時は本当に何もできなくて、この日何時にどこで待ち合わせ、とか、クリーニングをいつまでに出そうとか、そんな計画と呼べない様なことまで実現できなかったのです。それから、病気が治っても計画を立てることにも、挑戦することにも、より一層臆病になりました。


どうせ、私にはできない。


暗くて、重くて、未来のない言葉。

ましてや人への思いやりなんてこれっぽっちも無い言葉。

すぐに頭を占領して、できる方法を考えることさえ放棄してしまいます。


だけども、そんなくら〜い自分は嫌だから!

こじらせ脱出するんだから!

あったかいんだから〜♫

(失礼。)


脱出のためのポジティブ人間プランを考えました。

まぁ、過去にどっかの本で読んだことと、今の私の思いつきの組み合わせです。


1:人にわざわざ言えない様な小ちゃい目標を立てて、達成する。小ちゃい成功体験を増やしていく。

2:いいことメモ再開。以前は手帳に書いていたんです。その日あったいいこと。いただいた物。いただいた気持ち。喜んでもらえたこと。自分を褒めたいこと。

3:一日最低一回は人を褒める、最低一回はお礼を言う。「ありがとう」が言える場面で「すみません」は使わない!


この三つを手帳に書いて振り返る。

でも強制にして、自分を苦しめたりはしない!

苦しくなったら、やること、やりかた変更する!


気づくという最初のステップ越えられました。

気づいたから、変えられる。