読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

自分との約束を守れる自分に

こんばんは。ニコです。

今日もお仕事の方、お疲れ様でした。

自分自身にも「お疲れ様。頑張ったね。」

客観的にみると、ちょっと気持ち悪い人ですが、なるべく自分に言ってあげてます。


今日は寄り道しないで、真っ直ぐ帰ります。

お昼のランチミーティングの食事はすごく満足できたし。

夕飯はおかずを作っていませんが、材料になりそうな物はいろいろ冷蔵庫にあるし。

グダグダしてるより、早く帰ったほうが身体が楽だし。

明日も早起きしてやりたい仕事あるし。

4月からラジオ英会話聞いてるから夜の放送を逃したくないし。

そんな私のために、ご飯だけは研いで、セットしてきました。

自炊している人にとっては何でもないことだけど、私にとっては久しぶりのこと。

昨日から気合いを入れて準備してました。

あ、準備って言っても大それたことではなく、カップでお米を計っておいただけです。


そんな些細な自分との約束を守るために、真っ直ぐ帰るんです。


たかがお米を研いでセットしておいて、それを自分で食べることに、こんなに気合いを入れてるなんて、自分でもちょっとおかしいな、と笑えます。

少しの間、やらなかっただけで、身構えるほど大事に感じてしまう。

仕事もそう。ちょっと人前で話さないでいると、珍しく話すときにすごく緊張してしまうし。

友人関係もそう。久しぶりに会う親しかった友達には、言葉を選んでしまう。

勉強もそう。しばらく遠のいていたら、勉強ってどうやるんだか忘れている。

掃除は特にそう。掃除=面倒と思ってるから、掃除用具を出すことさえ、大イベント!?なにより、たまにしかやらないとドンドン汚れはたまるから本当におおごとになっていく…。

怠惰な生活をしていると、些細なことに対しても自分でハードルを上げて、さらに億劫になってしまう。ビビりすぎ!

以前の私は、フットワークの軽さを長所の一つとして認識していた。

今の私は、なんと腰の重いことだろう…。


やってみれば、何てことない。

少しずつハードルを下げて、行動できる自分になろう。

自分との約束を大事にしよう。