読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

婚勝に行く、勝負服

こんにちは。ニコです。


ついに、ついに、

婚活イベントに再デビューしてきました!!

すでに婚活している方や、同じイベントに参加した方、私自身もこれからも長く続いてしまうかもしれないと思えばそんな大袈裟なお話ではありませんがね。

理想は短期決着!


参加したのは趣味が同じ仲間の飲み会です。

職場から割と近くの、都内の安い居酒屋さんでした。

仕事後に残業をして、遅刻で参加しましたが、

リーダーさん、他の参加者の方のおかげで

楽しく過ごせましたし、

今後につながりそうな雰囲気もありました(>o<)


さてさて、この婚活再デビューに向けてちょっとは準備しましたよ。

今までコレでダメだったんだから、この先の未来を変えていくために、今までの自分を否定するんじゃなくて、良いところ、男ウケするところをもっと引き立たせるの。


初対面の一番最初の数秒で、第一声を発するかしないかの印象を作るには、

健康美人、ツヤサラヘア、化粧上手、おしゃれ美人だと思うんです。

あ、元の造作をどうにかしようとは(整形)、考えてないです。

顔が整って生まれてきた美人さんがいる、

丁寧にお手入れをし続けてきた美人さんもいる、

当然、そうした美人さんには敵わないけど、私は生まれ育って、やってきたケアやクセの結果がこの外見だ。受け入れよう。この私の良いところを強調しよう。

そう思ってます。

美人になろうと努力している女性も、また美しいですよね。


私の体型は幼児体型というか、寸胴だし、細かいコンプレックスもあるけど、幸い太っちゃいないので、ダイエットは必要ない。

健康維持と体力維持のためにランニングしたい。

課題はいまだに不摂生なのをなおすこと。


手を抜いていたムダ毛処理、ボーボーでした。


髪は昔からボサボサ。何かスタイリング剤をつてもボサボサ、あるいはベタベタと両極端。いかにもつけてますって感じの見た目で、自分でもなんだか地肌が気持ち悪い。

美容院に行ってケアしても、綺麗なヘアでいられるのはその帰りだけ。

昨年末にカラーをやめただけ、ダメージは減ってるはずなんだけどなぁ。

最近ちょっとだけドライヤーが楽に上手にできる技を見つけました。

ケア用品探しも諦めずに続けていきます!

もちろん買った物は使い切って次に行きますよ!


お化粧は、女子アナメイクを続けてます。ちょっとは上達してきた気がします。相変わらず、可も不可も誰も言ってこないけど、自分の気分は上がっているのでよしとしてます。来週家族に会うのでリアクションを見ます。あの人たち遠慮なく思ったことは言うので。


そして、お洋服。

何を着て行こうかなーと、考えてもピンとこないのでまたグーグル先生に聞いてみました。

出てくるでてくる。

白、パステルカラー、ホワイト、水色、ワンピース、フリル、白、鎖骨見せ、脚見せ、胸隠せ、年齢に見合った服、ホワイト、清潔感、清楚感、女性らしさ、落ち着き、白、ベージュ、ピンク、スカート…男はそんなに白が好きか!?

私も白は好きなので、夏に着れる白系のトップスを何着か持ってます◎

これに合わせて、下は…仕事帰りのジーパンは無いよね?このヨレヨレのスカート履いてく?この膝上丈って子どもっぽくて若作りっぽくない?こっちのは毛玉だらけだし、このスカーチョも好きだけど、検索して出てきたようなイメージとは違うよなぁ…。このワンピースは黒だし、こっちのは色褪せてる…。あれれ?着るもの無いじゃん!?!?

検索して出てきた画像を私の言葉でまとめると、「アラサーになったお嬢様風。シンプル、上品、かつ女性らしい」。例えば、可愛くてもビビットピンクのツインニットと膝上のリボン付きのスカートとかは、違うの。エビちゃん全盛期のCanCam風が、現在の、しかもアラサーが着てモテるわけじゃないの。女子ウケするモード系とももちろん違うの。

そんなわけで飲み会前日は残業の予定だったので、前々日に滑り込みで白いワンピースを買いました。

セールが始まったらスカートも買い足そう。


婚活してなきゃ絶対買わないアイテムです。汚れるし、私の仕事には向かないから。

着慣れないから、着てもソワソワ。私大丈夫かな。でも居酒屋で座っちゃえば、今までの白いトップスと同じ。帰り際、男性一名に褒められました。「白ワンピ可愛いね、流行ってるんでしょ?」軽いお世辞の言い方でしたが、ちゃんとありがとうと言えました。

今までこの方が参加してきた婚活イベントでも多かったんだろうな。

似合ってないわけじゃない、大丈夫。

帰り際、同じ方面だった男性には女性として印象づけられたはず。

その自分より少し年上の、少し背の高い男性が、隣で気を使って話しかけてくれることがありがたい。同じ方面だから、大人として気を使ってくれてるだけ。それでも私には文字通り有り難い。

舞い上がらず、感謝を示そう。会話を楽しもう。

(一番最近の彼氏には邪険に扱われてたもんな〜)


とにかくこの白ワンピを買って正解でした!

私の部屋にあったもので組み合わせたようなものを着てる女性は一人もいませんでした!女性のみなさんは自然なおしゃれ。場違いな格好にならなくて良かった!

でも毎回この一着を着て行くわけにもいかないし、プチプラで他にも婚活服を探します!