読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

モテ子観察からの考察

こんばんは。ニコです。

相変わらず、こじらせてます。

先日職場でも家族にも、私のダメな部分を指摘されました。

まったくその通りなので反論も言い訳もできず、情けないのと、惨めなのと、こんなはずじゃないなんて思いも出てきては堂々巡り。

そんな暗いところで巡ってたって、なんの解決策にもならないし、楽しい気持ちにもならないのに…。

こうしてブログや紙に書き出すことは私にとって、少しは頭の整理と、気持ちを落ち着かせるのに役立てています。

眠かったり、疲れ切って、書く余裕がない時もあるけど。

今日も脳ミソの整理と、備忘録のため、ブログを開いてみれば…、

なんと!

過去に書いたキャンペーンのお題の記事が入賞していました!!

http://nico2015.hatenablog.com/entry/2016/06/03/233745


もちろん最優秀賞は別の方ですが、

まさか私の至らない文章も紹介されているとは!

確かに私の独りよがりなブログにしては訪問者やスターが多かったような…。

ありがとうございます!!

素直に嬉しいです!


単純なもんで、せっかくちょっとハッピーな気分になったので、仕事の愚痴はやめておきます。


趣味活、継続してます。

ですが、趣味自体より飲み会が多い!>_<

私の仕事の都合でいつも遅刻してお邪魔しています。仕事後の変身(仕事は作業着のような服で汗だく、髪もボサボサだったりするので)が大変です。

時間さえあったらシャワー浴びてから行きたいくらいです。

そんな感じでどうにか出席して、笑顔振りまいている私。

先日隣に座った女子がモテ子に見えたので、教訓としてここにメモしておきます!

ああゆう方がモテると思う!すぐカップルになりそう!(男性の意見はきいておらず、あくまで私の主観ですが)


【彼女のモテそうな見た目】

・背が小さい

・目が大きい

・メイク、ネイルに抜かりないがケバくない

・手がキレイ

・トップスが白(飲み会ではボトムは見えない)

・ポンパドールでおでこが見えて、耳周りにひらひらさせた後毛。(顔がしっかり見えるかつ、揺れる髪!)


【彼女のモテそうな仕草】

・自分のこと好きそうな態度

・ナチュラルにボディタッチ

・男にも女にも周りの人には甘える

・感情表現の表情が豊か

・仕事には関係なく、誰にでも話題にできるネタを持ってる


特別モデルさんのように美人なわけではないのですが、同性として「凄い!!」と尊敬してしまいました。

彼女と私は同じ人間の女性という生き物なのだろうか。

必死にならないようにはしてるが、割と必死に身なりを整え出席している私。

職場で白やスカートは汚れるし、パンツ見えるし´д` ;仕事する気あんのかって感じになるから着ていけないし。

手もネイル禁止だし、結構作業が多いからボロボロだし。

さりげないボディタッチとか、皆んなが話せる話題とか、そんなスキルも備えていない…。

同じ土俵に立っているのか?

美女とメス野獣になってないか?

彼女のモテポイントの盗めるとこなんてあるのか?

私が真似したところで、余計に変な女にならないか?

むしろ違うセールスポイントで、違う土俵に立つべきでは??


自分にないものだから、余計に素敵に見えてしまうのかもしれません。

背なんか今更縮められないし、できないことばかり言ってたって仕方がないですよね。

今の私には見えてないだけで、彼女になくて、私にあるモテポイントだってあるはず。

そこを良いと思ってくれる男性だっているはず。

うーん、モテない勘違い女のまま「私はこのままで、素敵な男性が現れるはず!」と思うのも痛々しいことで、変わる必要は感じてますが、無理して別人を目指すのも違うし、そこら辺が私にはまだ理解できてませんな。

これから先にわかってくることなのだろうか?


ひとまず、彼女から学んで私に取り入れること。

・トップスに明るい色を着る

・メイク、ヘア、そして手のケア等はなるべく丁寧に。

・私だって甘えたっていい


そう、甘えるの下手です。末っ子なのに、いつも長女か第一子かと言われます。はじめはしっかり者風に見えるのかもしれませんが、やっぱり末っ子。長い時間を共にするパートナーには甘えたい。引っ張ってほしい。だから、出会いの場でも甘えっ子を出してったほうがいいんじゃなかと思うのです。変に中途半端にしっかり者オーラ出してるから、甘えたいダメンズが寄ってくるんじゃないかと思うのです。

そういえば、学生時代からの女友達にも「もっと甘えろ!人を頼れ!」って言われたなぁ。

子どもの頃は男の子に負けないように、何かあっても自力で問題解決できるように両親にしつけてもらいました。

アラサーにもなって、自分がこじらせてるのを親のせいにはできません。

大丈夫。こうやってしつけられた自分だからこそ、きっと解決できる。


勉強させてもらいながら、飲み会も趣味も楽しもう。

楽しんでなきゃ可愛くない。

楽しんでなきゃ続かない。

楽しんでなきゃもったいない!