読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

月野さんと水族館

こんばんは。ニコです。


月野さんと食事をして、水族館へ行きました。

最近の水族館って、光の演出に力を入れていますね。

特別魚好きなわけでもなく、光の演出にきゃっきゃするわけでもないリアクション薄めの私ですが、月野さんは楽しそうに過ごしてくれたのがなんだか嬉しかったです。

私が無理してイルカやペンギンに大はしゃぎしなくても、この人は大丈夫な気がしてきました。

飼育員さんが餌やりをしながらちょこっと芸をさせるのを、二人でじっと眺めてました。

無理に喋らなくてもいい、

やっぱりそんな人がいいな。


最近は夜に魚を眺めながらお酒も飲めたりするんですね。

グラス片手にゆったりと魚たちを眺めていたら、気持ちよくなって…いつもより早く、少し酔ったような、眠いような、心地よい感覚でした。

部屋に水槽を置き熱帯魚を飼う人の気持ちが少しわかった気がしました。

人もいるし、隣の月野さんは彼氏でもなんでもないので肩を借りたりはしませんでした。


外へ出て酔いが覚めて、またつまらない私の職場の話をしばらくしてしまいました。

月野さんは興味ありそうに聞いてくれましたが、ああしまった、喋りすぎたと反省しました。

月野さんの仕事の話、休日の話、実家の農家の話なんかも聞いて、当然だけど全然違う環境で育ったんだなぁと改めて思っていました。

でも「それは違う」ってお互いに否定しないことが心地よかった。

当たり前ですね。

なんで今までの彼氏は、

「お前違うよ」「バッカじゃないの」って言われたり、

私も「この人間違えてる!恥ずかしい」とか「なんて教養のない人なんだろう」「どうしてこんなに思いやりがないんだろう」って心の中で否定してきました。

月野さんとはまだお互いによく知らないし、否定しようがないのもあるけど、付き合ってる男女がいがみ合ってるって、そんな悲しいことないですよね。

月野さんとはまだどうなるかわからないけれど、相手を尊重しあえる男性と関係を作って行きたいと思いました。


月野さんはちょっと年上。

会話は合うのか。

私がより一層おばかに見えているのでは。

私みたいなのと結婚したいと思っているのか。

いつ頃までには結婚したいと思っているのか。

子どもは望んでいるのか。

どんな妻が理想なのか。

なんで今まで独身なのか?

実はバツイチ子持ちだったりしないか。

私が先走って悩んだところでわかりません。


今は一緒にいて笑いあえる時間を大事にしよう。


相手を否定せず、全肯定する。

私も、相手にもし

ひどいことをされたら、

我慢しなくていい。

許さなくていい。