アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

部屋探し手始め

こんばんは。ニコです。

やりたいこと、やったほうがいいと思っていることがたくさんあって、収集つきません。

やっぱり何かノート一冊に書き出せば整理できるかな?

 

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 

 手帳術か?

そうそう、来年の手帳も買わなくちゃ。

私のわがままをかなえてくれる手帳はなかなかないから、

はやりのバレットジャーナルか?

 

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
 

 

それはそれで、改めて考えるとして。

本当にいつにも増して頭の中ごっちゃごちゃしてますが、

このブログの更新もやりたいことの一つなので!

今日は前回から書いてる住みかえシリーズを綴っていこうと思います。

 

「○○したい!」と思ったら、

結構すぐにそれを実行したくなる衝動的なところがあります。

思い立ったら吉日。

でもすぐに実現できることばかりとも限りません。

それでもめっちゃ気になっちゃいます。

これもADHDの傾向なのかしら?

 

私が今回「引っ越ししたい!」と思ったのには、

いろいろ事情はあったのですが、

一番は職場の近くに住みたいと思ったこと。

次に部屋や周りの地域環境を向上させたいと思ったこと。

それは急に思い立ったわけではなく、

気になっていたことがじわじわ大きくなっていたこと。

決定打は近所のスーパーで婚活で会った男性に遭遇してしまったこと(!)

(以前私からお断りさせていただいた方)

社内の広報の自宅取材を受けたこと(!)

↑わかる人には自宅がバレる。普通の人は何もしないけど、変な人はわざわざ調べる。

かつてそういう人に検索されたことがあるので!

 

そんなことで、引っ越し意欲の後押しをしてもらいました。

まずやったこと。

 

この条件に合わなければ引っ越しあきらめるくらいの、絶対条件の書き出し

スーモなどのサイトで職場の最寄り駅から何分以内という範囲を検索

さらに、その範囲で安いところの治安を検索

「駅名」×「治安」を検索するだけ。

安い物件が集中している地域に風俗店多しとか口コミもありました。

そういう地域でも気にしない人にはお得物件。

あと事故物件、古い物件、目の前がお墓、線路・踏切脇、交通量の多い道路前、極狭

そういう物件も気にしない人にとってはお得物件。

以前婚活で出会った男性が仕事が多忙だったので、職場近く(山手線内)の安い物件

(窓をあければ線路)に住んでました。ほとんど寝るだけだったとか。

断捨離を進める 

前回紹介した本を購入して読んだ

前にお世話になった不動産屋さんから家賃が一年の中でも変化すると聞いていたので、いつなら安いのか情報集め

引越し屋さんがいつなら安いのか情報あつめ

家賃やネットなど更新月確認

退去申告日を確認。契約書に「○ヶ月前までに書面にて申告」等書いてあります

引越し費用の貯金


今の時代、まずはネット検索が当たり前だと思っています。家にいながら、誰でも、いつでも、沢山の物件情報を見ることができます。むしろネット検索ができない時代にはどうやって物件を探していたのでしょうか?不動産屋さんに足を運んで、そこが持っている物件情報に賭けていたのでしょうか。

この時はまだ即座に引っ越すわけでもないので、サンプルとして見ていました。

「駅名」×「賃貸」

スーモ

ホームズ

スマイティ

キャッシュバック賃貸

これらは検索サイトの中でも特に人気のようだった(物件数・使いやすさ)のと、下二つはキャッシュバックの可能性にも期待して調べてみました。

そこから更に、その部屋を紹介できる地元の不動産などが表示できたので、そこからその地域の私が探している条件の物件が多そうな小さな不動産なども見つけました。

この地域で、広さがこのくらいで家賃がこの程度、一人暮らし向けの物件を沢山紹介してくれそうな不動産屋さん…とかってなると、やはりレインズ(不動産屋さんが使っている共通の物件情報)頼みのみでなく、強いところ弱いところがあると思うんですよね。あとは仲介料がどうとか、担当者の態度とか、不動産屋さんによって地味に違います。

不動産屋さんの店頭やネットには「おとり物件」と呼ばれる物も結構載っていることも学びました。つまりは客寄せです。地域内で条件の良い(少なくともそう見える)人気の物件をあえて載せたままにする。それにつられて相談に来てくれたお客さんに「今埋まっちゃいましたが似たような条件の物件ご紹介します!」みたいなことを言って捕まえる。

おとり物件のないことを売りにしているチャットタイプのところにも登録して使ってみましたが、すぐの引越しを考えていないこと、初期費用はクレジットで払いたいことを伝えたら嫌がられました。それだと紹介先の不動産屋さんに冷やかしの客を案内したみたいに思われて嫌なんだと。ご事情、わからなくはないですし、対応は丁寧でしたのでそのサービスに文句言うつもりはありません。お互い納得し、サヨナラしてから、私には合わないと思い消しました。

自分の検索の方が沢山の物件が見れるし、あちこちに同じ物件が載っていたことで、その物件の詳細を把握することができました。(ただしおとり物件含む)

そういうのを見ていくと、自分の中の新たな条件にも気づけました。私の場合、「お風呂がタイル張りのバランス釜はNG!」とか。

地図から検索できるのも面白いです。隣どうしのアパートが載っていたりもしました。

気になるところはストリートビューで開いて、エア見学。駅からの道の雰囲気。周りには何があるのか見ました。一階に店舗が入っている物件も何屋か確認しました。南向きといいつつも、唯一の窓のすぐ前にどでかい建物があって日が当たりそうにもない物件もありました。

これでお墓の目の前の物件、お墓の前を通って帰る物件、線路横、踏切横の物件、大きい道路と高速の交差する場所のすぐ近くや、焼肉屋さんの上の物件は除外しました。

メールで新着情報を教えてくれるというのにも一つ登録していましたが、あまり目新しい物件の紹介はなく、翌々日不動産屋さんに行ったついでに問い合わせても、確認してもらったら「昨日埋まった」とのこと。

春の入居ラッシュを避けても、連休は特にみんな動いている様子。同じような条件で探してる人たちにとって、良い部屋はみんなにとって良い部屋!かといって焦って変な部屋を契約したくない。

沢山の物件をネット上で見比べて、

エア見学もしたお陰で、

この地域のこの賃料でこの条件ならお得!

みたいな見る目が養われてきました。

そんな良い部屋が登場するのも数ヶ月に1〜2件。現実的にはどんな感じか、ということも見えてきて、理想を掲げつつも地に足つけて探せたと思います。


今度住む部屋は気持ちよく、長く住めるようなとこを見つけたかったので。

そうは言いつつ、本音はさっさと嫁いで「あの部屋にはあんまり住まなかったから引越し費用とかもったいなかったね」なんて言うのが憧れなんですがね〜。


「おとりぶっけん」の変換候補の先頭に何故か「あたり物件」と出てきました。

この部屋、私にとって「あたり」になると信じてます…。


住み替え記録は続きます。

引越ししたくなったら

こんばんは。ニコです。

生きてます!

住み替え等バタバタしていて、ブログの更新が遅れました。

無事に引越し完了しました!

職場へグーンと近づきました。

何より通勤が楽チン!!

都内の家賃は高いけど、

通勤の負担が減ったことで、身体的にも精神的にも楽になったし、生まれた時間で自炊すれば断然こっちのが良いかと思ってます。


そんなわけで、今日からしばらく住み替えの記録を書いていこうと思います。

これから住み替えを検討している方(特にこじらせている人)にも少しは役に立つといいな。


◎この部屋の良かったポイント

職場まで数駅

前より治安の良い街

今のところ変な人に遭遇していない(前は仕事帰りに遭遇したり、同じアパートに気持ち悪い人が住んでたり、ごみが捨てられてたりした)

静か

ごみ収集場所が近い

ごみの分別も前の地域より楽

徒歩圏内に安いスーパーがいくつかある

通勤路にもスーパーもコンビニもクリーニング屋さんもある

最寄り駅が充実

少し広くなった

ロフトなしで完結

1R+ロフトから1Kに。

ベランダがある

角部屋

窓から緑が見える

収納充実

日当たりが少し良くなった

アパートからマンションになった

実際他の部屋の音はほとんど聞こえない

フローリングが茶色(前の部屋は白っぽくて落ちた髪の毛が目立つのが嫌だった)

お風呂が広くなった

キッチンが広くなってまな板が置ける!

IH1口からガス2口に

前の住人がガスコンロ置いてってくれた

新しめのエアコンつき

都市ガス(以前はプロパン)

ネット付き

大家さんがすぐ近くに住んでいて良い人

二重の家賃が発生しない(詳しくは別の記事で書きます)

家賃負けてくれた

初期費用クレジットカード払い可(これも詳しくは別の記事で書きます)


これら諸条件を加味すればこの地域のこの価格帯では自分的に最高得点のため決めました!


だけど、住んでみて、納得していたつもりでもガッカリポイントもあります。


✖︎ガッカリポイント

全体的に古い。床が軋む。

防犯設備は前の部屋より弱い

モニターがない。電話みたいなのもない。

内見で見落としてた設備が使えるが壊れてる

クリーニング直後のはずが、掃除が雑。

トイレの便座の裏が汚い。(←これが一番ガッカリ!掃除したけど落ちない。内見でここまで見ないし!)

南と表記されていたが西向き

思ったほど日は当たらない

上に人が住んでいる(これまでは最上階)


そんな具合です。

まあ、いろいろありますが、今のところは引越して良かったという気持ちの方がずーっと大きいです^_^


さてさて2年と数ヶ月ぶりの部屋探し。

以前記事にも書いたと思いますが、前回の引越しは二人暮らしの解消のため慌てて探しました。

譲れない条件と、後は初期費用の安いところ。たまたま家電つきの安い物件を紹介されて即決しました。前の部屋には当時まだ元彼が住んでいたので、二人で買った物も、元々私の家電も譲って大方置いてきてあげましたよ〜。(友達には優しすぎると言われましたが。)


物件探しは楽しいけれど、住み替え自体はお金もかかるし、引越しは面倒な作業なので、今回はじっくり探そうと決めました。


で、今回参考にしたのがこちらの本。

「家を借りたくなったら」

※うまくリンクが貼れなかったので、ブログの一番最後に貼りますね。


この本は何年も前に書店で見かけて立ち読みして、気になってはいたものの購入しませんでした。今回の住み替えにあたり、この本を思い出し、中古で購入しました。

内容は出版当初の物で少し古いようですが、大いに参考になりました!


沢山の賃貸物件の情報がネットで見れる時代ですから、まずはどの地域にするかを考えました。「職場の最寄り駅まで何分以内、乗り換えは何回まで」とかで検索して表示された地域の、治安や家賃相場などを検索し、この地域は私の条件だとどの程度の家賃か、逆に希望の家賃ならどのくらいのレベルの部屋に住めるのか見ていきました。

この時はまだすぐに引越すつもりではないので、実際に自分が住む部屋として見ておらず、相場を見るためのサンプルみたいな感覚で見ていました。

この時に良い部屋を見つけても、すぐに入居を決めないと数ヶ月後には埋まっていて当然だと理解していましたから。

同時に、部屋の中の物の断捨離を進めました。物が減れば引越しの時にも金銭的・精神的負担が減らせるはずだと。捨てるよりできるだけ売って手放す方法を探しました。


引越しの4ヶ月前くらいのことです。


引越し記録はまだまだ続きます。




今日紹介した本はこちら↓

家を借りたくなったら

家を借りたくなったら

人を好きになれるのか

こんばんは。ニコです。

更新が久しぶりになりましたが生きてます!

自分で何か操作したつもりはないのですが、記事を書くために今表示されている文書のフォントが変わってます。

アップデートされたのかしら。


前回の記事のその後の話しを書きます。


婚活で出会った中村さんとお会いしたのち、

会う前と同じようにラインのラリー。

変わらずたわいのない会話だったり…。

数回のメッセージのラリー。




あれ?返事きてないな。

また海外出張とかしてるのかな。

以前にもそうやって、いきなり返信が数日あいたこともあったもんなぁ。




…。




やっぱり返事きてない。


粘ってこちらからまた送るほどの熱意もない。


中村さんにとって、私はラインを送りたい相手ではなくなった。

それが現実。


中村さんと実際に会ってみて、

良い人でした。

気配りのできる人でした。

女性として扱ってくれました。

おしゃれでした。

リア充でした。

オンよりオフを充実させたい人でした。

幸せな家庭に育った人でした。

お母さんが専業主婦でした。

毎朝完璧な朝ごはんを作ってくれたそうです。


私はそんなおしゃれしない。

できればそんなに服持ちたくない。

仕事頑張ってる人って尊敬する。

目標やポリシー、やりがいを持ってないの?

朝ごはんなんて適当。

うちの実家も適当。それで良いと思ってます。


そんなところに小さなズレを感じていました。

一緒に過ごした数時間は、普通に楽しかったです。

でも。

私はアパレル系でもないのにそんなに毎月何冊もファッション誌を買う必要性は感じてないし。

仕事は自己実現だと思ってる。

私はたとえ専業主婦だとしても、朝食は気楽に食べていくつもり。


お互い大人なので。

一緒にいて相手を尊重することはできる。

でもそれなりに一人で過ごしてきた時間は、融通のきかない価値観を作ってきたのかも。


自分が普通。

自分の家が普通。

これが常識。

うちの常識、隣の非常識。

な、訳で。


悪気がなくても、

自分と違う生き方をしてきたことも理解できても、

これから自分が譲っていくことができるかなって不安になる。


ただちょっと「違った」だけ。

中村さんと私は合わなかった。

ただそれだけ。


何度も言いますが、中村さんは良い人でした。

でもね、良い人なら良いわけじゃないのよね。

これを贅沢、高望みと思う人もいるでしょう。

好きでもないのに行動できない。

行動するほど好きじゃない。

実際に好きになったら、嫌でも行動しちゃうんでしょ?(その行動が良いか悪いかは別問題として)


人をなかなか好きになれない私。

惚れっぽい人とか理解できない。

偉そうに、そんなに厳しい目線で男性をジャッジしているのかしら?


現在引越し準備中です。

婚活再開は引越ししてから。

次回は引越しがらみの記事がかけるかしら。


中村さんとお出かけ

こんにちは。ニコです。

この休みに、以前婚活イベントで出会った中村さんと会ってきました。


イベントの時は一応ざっくりとした趣味が同じという参加者が集まられたもので、他数人ともお話ししましたが、その後のやりとりがあったのは中村さんだけでした。

イベントは1ヶ月以上前だったので、今更会うのもなんだか変な感じ。

これまで「会おう」って言われないけど、毎日メッセージをくれていました。


男性から「会おう」って言われない時点で、私は脈なしなんだよね?

でも返信しなくてもまたメッセージくれるし。

キープされてるの?

メッセージのやりとりで、私がどんな女か探ろうとしてるの?

前の女との関係を清算中?

女性関係以外のことで、リア充してそうで、別にそんなに興味ないのかも。

ご両親とか周りに言われて惰性で婚活中?

毎日くれるメッセージも、それほど熱意をアピールされた感じは無いし…。

欲しいのはメル友?

私の魅力がないからメル友で充分ってこと?


謎でした。

でもようやく「会おう」って言ってくれたので二人で会ってみることにしました。


私が決めてたこと。

変に頑張らない。

相手云々より、まず自分が楽しむ!そのスタンスでも自分が楽しめなければ、相性が悪かったってだけ。


中村さんは色々調べてくれて、おしゃれしてきてくれて、優しかった。

私は自然と肩の力が抜けて、出かけ先そのものも楽しめて、たくさん笑えた。

あー楽しかったな。

中村さんは素敵メンズでした。

私への愛情とかじゃなく、普段から女性を大事にできる紳士なんだと思いました。

「私じゃ釣り合わないかな?」とか、考えても仕方ないし、私が釣り合う人を探そうと思ったらバカで貧乏なダメンズしかいないだろうから、いい人と出会えてラッキーと思おう。


なんで彼女いないのかな?

やっぱり彼女作りなんて興味ないのかな?

美意識高かったけど(そこらへんも釣り合うか心配になっちゃったけど)実は今まで男性を好きになってた、とかじゃないよね?


コテコテのラブラブカップルより、ある程度距離を置いてお互い自由に過ごせる関係になれる女性が良いのかな?

だからあんまり会わない方が中村さんにとっては丁度良いと思ってるとか?


やっぱりまだまだ謎。

あまり掘り下げられませんでした。


でも別れてからも、メッセージのやりとりがあるのが正直嬉しい。

これまで一度会って、お礼のメッセージを1回ずつ交換したら、メッセージが来なくなった人が何人もいたし。(最後の送信は私…)

 あとは向こうからメッセージくれても、(失礼ながら)嬉しくない人とか。


中村さんには、また会えるといいな。


無駄に卑屈になるな自分!




想像腰痛?

こんばんは。ニコです。

この時期にやってくる仕事のヤマをどうにか越えてる途中です。


そんな中、ひと段落したところで予測はしていたが腰痛がやってきました。

「ううー、整体かマッサージか、スパにでも行くかな。」

あ、そういえばと思い財布を覗くと寂しい感じ。。。

1回行くくらい、と使ってしまうか、

使わずに乗り切るか。

使わずに乗り切ってみようと思いました。

本当に腰が痛くなったことがあります。

本当に動けなくて、数時間ベッドに潰れていました。

その後少しは動けるようになって整形外科に行きました。病院に行けばすぐよくなるわけじゃないし、根本的にスッキリ解決するわけでもない。でも、やっぱり劇的にヤバさを感じたら病院行って、国家資格持ってる人に検査と処置をしてもらいたいと思います。

今回は「病院に!」とか思わなかった。

整体もマッサージもスパも「気持ち良いな〜」という娯楽にすぎないのです。

日頃の姿勢の悪さが祟った腰痛なら、まずどうにかしてみる!そんでダメなら病院行く!

そう決めて、体操して、家の湯船に使って、散歩して、早めに寝たりしてたら、思いのほか早く改善されてきました。

なんだー、良かった^_^

無駄遣いしないですんで良かった!

娯楽は娯楽で割り切って、また後でじっくり楽しもう♪

散歩は少しは運動不足の解消になるし、

気持ちがポジティブになって良いわ。

リハビリしよ。

今日は何を取り出すか

こんばんは。ニコです。

部屋で映画を見たので感想を書こうと思います。

以前はたまーにツタヤでDVDを借りたり(それ以前はビデオテープを借りたり)してたけど、ご無沙汰で。

スマートでかっこいい生活を目指す殿方の家に集合し、映画をネットで借りて、その場で彼の家の大きなテレビで、みんなで見たことがあったので、私も初めてネットでレンタルしてみました。それを大きなテレビではなくタブレットで一人で観ました。

もはやDVDもいらないのね。

シンプルで余計なものをカットできた感覚でした。


そうして私が観た映画はこちら。




以下ネタバレしますので、嫌な方は読まないでくださいね!!


この映画き収められていたのは、私のようにシンプルライフを目指して、少しずつ減らしていこうとするのではなく、一旦全部無くしてから、必要なものを一つずつ戻していく日々でした。


欲しいものにあふれた生活が幸せなわけではない。

物が少ないからこそ工夫したり、大事に直したりしていました。

一日に一つずつ戻す。その過程で自分の価値観も見つめ直していました。

そして割と早い段階から、途中で何度も「もうこれで充分。」と思う。


ある意味、ショック療法のようだ。一旦すべてをトランクルームに預けてしまえば人生変わりそうな気がする。

実際、この映画が公開されて、これをまねる人が出たそうだ。物を一旦ゼロにするなんて、変人だ。(裸で雪道を駆けるなんて、完全に変態だ。)

自分へのその効果も気になるが、時間もお金も労力も結構かかってしまう。


私はやはり一つ一つ減らしながら自分と向き合っていこうと思いました。


主人公はお金で買えない愛情が大事だと気づき、彼女もできた。

物がなければパートナーが見つかるわけではない。

でも何か自分の中で軸は定まりそうだと期待しています。


なんてことない感想ですみません。


ベンチに並んでいとこの少年とのやりとりしているシーンが一番好き。


単に素人が雑に収録したものではなく、きちんと映画としての映像を作り上げて編集されてます。その完成度も絵として好き。

ジタバタ

ジタバタ人間ニコです。


先日関西出張がありました。

出張なんて珍しいし、旅行もあまり行かない人間なので、そわそわ。

新幹線に一人で乗るのは何年ぶりだろう?

関西に行くのは人生二度目。学生以来です。

そんな私にとってはたかが大阪さえもパラレルワールドに見えました。東京以外に日本語の通じる大都市が発展していたのか…という当たり前のことを感じる世間知らずさんです。


そんな中、私にしては予定の詰まったスケジュールだったので、出発前、家でも駅で走り回ってました。

なのに!

指定席を取っていた新幹線を、ギリギリ乗り逃すという失態をやらかしました!(T-T)

行列のできる緑の窓口に並び、(窓口自体は緑じゃないんですね?昔は緑に作ってたんだろうな)特急券分は払い戻し不可と説明を受け、泣く泣く買い直しました。(もちろん自己負担)そこから一番早く乗れる新幹線に、無事に乗り継ぎ関西へ行けました。


ヤバい、時計の電池変えるの忘れてた!

腕時計を2つ持っているのですが、どちらも電池切れでした。去年も秋に交換したけど、一年で切れるものなのかな?とりあえず違う店に行こうなんて思ってたら、うっかり当日になってしまいました。

ど田舎に行くわけじゃないし、向こうで電池交換してくれるお店を探せばいっか。

しかし到着後、なぜかまたバタバタし、結局携帯の時計を頼りにすることを決断。今日の感じなら腕時計してないからってビジネスマナー違反!ってならなそうだからきっと大丈夫。

結局、スマホは机の上に置いていたものの、なんだか触らず、遠くの時計を目を細めて見ながらやや時間オーバーでお話しさせていただきました。。。

いやー、それ以前に、待ち合わせ時間を間違えたんです。遅刻しなかったし、すでに他の方がいたのはよかったのですが、早く着きすぎました。だったら部屋でもっとしっかり準備して、飲みかけのコーヒーを飲みきってから出てくればよかった…。


夜終わり、ついでの用事をすませ、部屋でグータラしていたら、せっかく大浴場つきのホテルだったのに入り逃しました!夜間は閉まってるのかー( ;  ; )確かにフロントのお姉さんが言ってたわ。


部屋のお風呂に入り、案の定寝坊。

午前は仕事を入れてなかったので大丈夫。

朝食バイキングが終わる頃に行き、あまり観光もしてられず、職場関係のお土産を買って新幹線へ。帰りはお土産を買うのに並んでるかもと踏んで自由席にしました。見送りなしで乗り込みどうにか座れました!デッキに立ってる人もいたからギリギリ!

向こうから乗るときは東京、上野、品川、新横浜あたりだと始発に近いから空いてて当たり前なんだよね〜。

これ以上の出費を少しでも抑えたかったのと、行きの失敗から学習しました!


そして関東へ帰り、職場へは行かず外出仕事をしました。


相変わらずジタバタと仕事をしております。

でも普段と違う業務経験はやっぱり勉強になりますね。次にこの手の仕事を回されたらもっと質をあげよう!!


それにしても期限の近いお土産を買いすぎたな…(-_-;)