読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーニコのこじらせ女子卒業記録

ブログ名は「卒業記録」ですが、脱こじらせ女子を目指して、実際卒業できるよう奮闘記を記録するブログです。

リクルートおばさん

こんばんは。ニコです。

相変わらず、ゴチャゴチャとこじらせてます。

この時期、私の職場では外部のお客様を呼ぶ

イベントが多い。

さすがに、来週のイベントはスーツが必須。

私は微妙なスーツしか持っていません。

黒無地のリクルートスーツみたいなのと、

ちょっと厚手の冬用っぽい生地で黒地にストライプだけど形はリクルートっぽいもの、

どちらもスカートです。

ずっとパンツスーツが欲しいと思ってたし、

黒以外の、形もリクルートっぽく無い年相応のものでこの時期に着てちょうど良いものを求め、数店舗回ってみました。

パンツのが、スカートよりサイズ変わるよね?

合わせるパンプスによってちょうどいい丈も違うよね?

普通のパンツさえサイズに悩む私でも大丈夫なのか??

安い上下セットだと上下が同じサイズになるから無理!

 

悩みは絶えず、

 

一着は黒で、おしゃれな装飾とかがなく、どこにでも着ていけるものが欲しいよな。

あんまり「今年っぽい」とか流行のデザインで買っちゃうと、年数回しか着無いのにすぐに「時代遅れ」感が出てくるよな…。

年数回しか着ないのに何万もする高価なものはどうなのか?安価すぎるのもこの歳で着てると安っぽいのが目立つのか?

 

迷った挙句、

黒無地のリクルートみたいなパンツスーツを購入しました!

 

以前にもスーツを買ったことのあるお店。

上下別々のサイズで、

スカートスーツもかなり細いサイズまであって、

そこそこですむお値段。

パンツも伸びがよく、股上も浅めで、特別苦しかったり困ることはありませんでした。

 

これで良かったのだろうか。

結局。。。
リクルートおばさんになってないだろうか?

 

すっかり持って帰るつもりでしたが、

裾上げという想定外の期間により、手渡しまで数日かかりました。

パンツスーツをいつも買う人にとっては当たり前なのでしょうが…。

 

そして洋服屋さんの季節は先取りのため、この時期にはもう冬物をメインに並べているお店が多いことを学習しました。

欲しい季節より早めの準備が必要なのね。

 

そしてそれに合わせるパンプスも購入しました。

黒で、ツヤツヤしたエナメルじゃなくて、ヒールは少しだけあるような…。

いつもの靴屋さんで、 試着もして、即購入☆

が、失敗しました!( ̄◇ ̄;)

靴屋さんで歩いた時はなんともなく大丈夫そうだったんです。

一度、近所のスーパーに行くのに、試し履きしました。

そしていざ、職場へ!

午前中から両足に、燃え上がるような痛みが。(;´Д`A

絆創膏を2枚持って化粧室へ、足を出してみたら…ぷっくり水ぶくれが左右の足に合計6箇所も!絆創膏2枚じゃ足りませんでした。泣。

しかも絆創膏を貼ってからそのパンプスをはいたら、絆創膏が丸見えっていう…。(T_T)

貼ってもあちこち痛いし。もう裸足になりたいくらいでした。

 

どうにかその日を終え、その靴はお蔵入りに…。

いやいや、これ以上、むだな物を増やしても仕方ないので、勿体無いけど、フリマアプリかゴミに出しますよ。早々に。

 

そして、今日リベンジに別の靴屋さんへ。

 

私、サイズさえ合えば靴流通センターでもABCマートのパンプスでも充分なんです。履き倒して循環させて楽しめそうだし。足の裏の真っ赤なヒールのブランドパンプスとかには全くそそられないし。

でも私の足は平均の形とはだいぶ違うようで。

幅狭、甲薄。

足長は普通に売っているサイズなのに、

足囲は普通には売っていないサイズ。

今まで新品のまま放り投げた靴は数知れず、

安い靴(5000円以下)を買うからダメなのかと、悩んで、かつて買ったはじめて1万円を超えるパンプス。友達がいつも買っているお店という安心感もあってペタンコ靴で挑戦しました。しばらくははけたけど、ピッタリ、というよりどうにか「履けていた」レベル。

なかなか面倒臭い我が足です。

 

私みたいな足の方向けの靴を兼ねてから検索していたので、

今日はその一つの銀座かねまつさんに行ってみました!

もっと近くに店舗もあるけど、品揃えや応対に期待して、気合を入れて本店へ!

 

銀座なんておしゃれな街での買い物には慣れていないので、少し緊張しました。

お店に着くと、その時間はお客さんの数倍の店員さんがいて、少しソワソワ。

簡易計測しますっていうpopを店内に見つけて、靴を探す前に見てもらうことにしました。

別のフロアに案内され、別の靴屋さんでも似たようなのを見たことのある機械に足を入れて3D計測。

やはりここでも指摘されたのは幅狭ということですが、はじめてワイズという自分の足のサイズ規格で知ることができました。しかも面倒なことに左右違っていました。

(今まで行ったお店では、ただ「細い」とか「(そのお店の独自の規格で)S以下」とか言われるだけだったので)

さらにかかとも小さいって。

ネット情報だとかねまつさんのかかとは大きいそうですが、ミススレンダーというワイズBのラインがあったので何足も履かせてもらいました。

情報が先にあって履いてるせいか、たしかにかかとは大きい感覚がありました。

それでも7センチヒールでも楽に履いて歩けることに感動しました!!そんなに高い感覚もない!

普段7センチヒールもあれば、まず店内すら歩けません。3歩以内に脱げるか、完全に前に滑ってすぐ痛くなるかで、結婚式用の靴を探すとき以外、手に取ることもなくなっていました。

それでも、今までお店で大丈夫そうだったけど帰ったらダメだった靴が多いことと、

パンツスーツを7センチヒールのつもりで丈詰めしていないことを考え、

かねまつデビューは5センチ程度のヒールの物にしました。理想通り、黒のシンプルで、ちょこっとヒール。装飾はないけど少しだけラメっぽいさりげなさが素敵。

 

買った帰りに、ラメっぽかったら「不幸の時には履けない?!」と焦りましたが、この他にすでに黒のプレーンなペタンコパンプスを持っているのを思い出し安心しました。

スーツと同じく、黒のプレーンなパンプスばかりコレクションしてもつまらないし!

就活じゃないし!

大学生じゃないし!

地味おばさんになりたくないし!

素敵レディを目指してますから!!

若さ=美しさじゃないですよね。

私もそろそろ若いだけで可愛いと言ってもらえる時期はほぼ終わってますし、一般人がかなり年下を目指したファッションをしているのは痛々しいだけ。髪、肌、体型を維持できてないのに格好だけ若々しいのは悪目立ちするだけ。年相応の美しさをいくつになっても目指すのが理想です。

 

この銀座かねまつ本店さんには他にもミススレンダーの靴が並んでいて、「黒のシンプルなパンプス」でも選べるほどありました。本店でも一つのコーナーだけで、さすがに細い靴だけの実店舗のお店って(かねまつさん以外でも)ないんだろうな〜と思いました。

デパートの靴売り場の一角のかねまつさんだったら、数足しか置いてないんだろうから、本店に来て正解でした!

 

店員さんも感じが良くて、サイズだけでない靴選びのアドバイスもしてくれて、この靴で調子良かったらまた買いに来たくなりました。

 

足慣らしに履いて帰宅してみました。

今のところトラブルなし。

この調子で仕事の日も履けるといいな!

後日談、またレポートします。

 

 




それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー